スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙が及ぼす金融政策への波紋

今回の参議院選挙では、民主党が議席の過半数を確保できなかったですね。

今後の金融政策がどうなるのか気になるところです。

菅総理は今後も政権に残る意向のようですが、ヨッシーとしても国家の顔
である総理大臣が頻繁に交代するようでは、他国から不信感を持たれるだけ
だと思っています。

ここは、今後の動向を静観する事も必要かと思っています。



今日のニュースをチェックしていたら、韓国銀行(中央銀行)は9日、
政策金利(KROCRT=ECI)を過去最低の2.00%から2.25%へ引き上
げたとの事。

専門家筋では、利上げは早くても8月頃とみていたようだが、当局が
インフレや資産バブル対策として前倒しで措置を講じたとの見方も。

この措置が世界市場に与える影響はどの程度になるのか気掛かりな事です。



ロスカットとは?

FXにおける ロスカット とは、相場が顧客の思惑と反対に大きく変動しその
評価損益 がさらに拡大した場合、顧客の最終的な損失を一足レベルで抑える
ため設定している制度で、顧客が保有しているポジションをある一定のルール
のもと、FX取引業者のの裁量で決済することを指します。


具体的には、リアルレートで顧客の口座状況を評価し 有効保有額が持っている
ポジションに必要な取引保証金の20%の額を下回った場合、つまり維持率が
20%未満になった場合には、その時点でその人が保有しているすべての
ポジションを、プライス(成行)注文にて任意の時間で決済いたします。

このロスカットは、条件を満たした際には即座に執行されます。

「それはちょっとヒドいんじゃない?」との声も聞こえてきそうですが、
その人の大切な資産を守るためにはどうしても仕方のないことなのです。

サブプライムショックのように急激に悪化して大損をしてしまうトレーダー
を作らないための措置と理解しましょう。




 
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
アイネット証券[アイネットFX]



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
50歳を過ぎ、そろそろ定年後の生活を意識し始めた

FXで稼ぎたいけど臆病な初心者ヨッシーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヨッシーのスワップ金利目的には最適の会社
アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレードレビュー 資料請求はこちら 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル 広告貼るならアクセストレード!
ヨッシーのスワップポイントでお勧めの会社
イニシアスター証券 エース交易株式会社[LETACE]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。