スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高と「スワップ金利」の関係


50歳を過ぎ、25年間勤務した会社をリストラされたヨッシーですが、
再雇用先も見つからず、やむなく自営で喫茶店の経営を始めています。



最近ではやっと固定客も付き始めてきましたが、喫茶店のマスターという、
時間を持て余す生活に刺激が欲しくて「FX」で一発逆転しようと意気込んで
いる反面、実は「臆病者」のヨッシーなのです。



客が切れた時間に、せっせとFXの情報収集をし、毎日特訓中です。
これから頑張って情報を集めて行きたいと秘かに考えています。



このところ「市場は円高気味に推移しており、実需筋の円買いも見られ、
ドル/円は約2カ月ぶりの安値をつけた。」という記事を目にしました。
これはスワップ市場にも大きな影響を及ぼすのでしょうか?





スワップ金利とは?

 スワップ金利の「スワップ」とは「通貨を交換=通貨をスワップする」という意味です。 

 金利の低い通貨から、金利の高い通貨を買った場合にその金利差を受け取れる
 しくみのことです。

 今や日本の定期預金の利息は、年率0.35%程度です。しかし、アメリカは年率約5%
 ニュージーランドドルは年率7%など、金利の高い通貨はたくさんあります。

 そこで、例えば、日本円で米ドルを買ったとします。その時の年率が日本円0.35%、
 米ドル5%と仮定した場合、
 
 米ドルの金利5%から、日本円の金利0.35%を引いた金利(5.00%-0.35%=4.65%)
 つまり、年率4.65%のスワップ金利が毎日つくことになります。

 日本の銀行に預けていても、ほんのちょっとだけしか金利がつきませんが、このスワップ
 金利をうまく利用して運用すれば、高い金利を手にすることになるのです。

 金利の高い通貨には、南アフリカランド、オーストラリアドル、ニュージーランドドル
などがあり、このような通貨は魅力的に感じますが、知らず知らずのうちにレバレッジ
 をかけすぎてハイリスクな取引になることがあるので、注意も必要です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
50歳を過ぎ、そろそろ定年後の生活を意識し始めた

FXで稼ぎたいけど臆病な初心者ヨッシーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヨッシーのスワップ金利目的には最適の会社
アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレードレビュー 資料請求はこちら 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル 広告貼るならアクセストレード!
ヨッシーのスワップポイントでお勧めの会社
イニシアスター証券 エース交易株式会社[LETACE]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。