スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプレッドの変動要素とは?

今日もお客が切れた時間を見計らってFXの情報を収集しています。

このところ、梅雨前線が停滞し、至る所で被害をもたらしていますね。

幸いヨッシーの出没する地域では豪雨となる事は、今のところありませんが
いつ何時でも対処できるよう準備を整えております。

手始めに「飲料水」をペットボトルに詰めておきました!!


今日のニュースをチェックすると
参院選から一夜明けた12日の東京外国為替市場は、政局不安定化への懸念から
円売りがやや優勢となり、円相場は続落した。

午後5時現在は1ドル=88円84~87銭と前週末比39銭の円安・ドル高。

朝方は、与党の過半数割れを受けて円売りが進み、一時は約2週間ぶりの安値
となる89円台前半を付けた。

その後は国内輸出企業の円買いが強まって下げ幅を縮めたが、市場関係者は
「今週予定される米企業決算の内容が良ければ90円台を試しそうだ」とみている。

やはり、政局が不安定だと市場は敏感に反応しますね。
政治を生業にしている方々も国民の声に、これ位敏感に対応して欲しいものです。



スプレッドとは?

FXにおける取引コストの1つで、為替レートの「売値(Bid)」と「買値(Ask)」
の差のことをいいます。

たとえばドル/円の売りレートが100.00 買いレートが100.03の場合、
スプレッドは3pips(3銭)になります。

スプレッドが3pipsの場合、1万通貨(1ドル100円の場合、日本円で100万円)
の取引にかかるコストは日本円→米ドル→日本円の往復で300円になります。
よって、スプレッドが小さいFX業者が取引コストの安い業者という事になります。

スプレッドの他に手数料が必要なFX業者もありますが、現在はほとんどが
手数料無料になっています。

なお、FX業者各社のスプレッドは常に一定ではなく、世界的な金融危機などで
金融市場が混乱している場合や、相場が閑散としている場合、各国で経済指標
(重要指標)が発表される直前/直後の時間帯は、一時的にスプレッドが拡大
する場合があります。

外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

外国為替証拠金取引の外為オンライン
FXするならクリック証券






スポンサーサイト
プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
50歳を過ぎ、そろそろ定年後の生活を意識し始めた

FXで稼ぎたいけど臆病な初心者ヨッシーのブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ヨッシーのスワップ金利目的には最適の会社
アクセストレードモバイルの広告主様資料請求はこちら アクセストレードレビュー 資料請求はこちら 携帯アフィリエイトのアクセストレードモバイル 広告貼るならアクセストレード!
ヨッシーのスワップポイントでお勧めの会社
イニシアスター証券 エース交易株式会社[LETACE]
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。